利用したいと思う気持ちと不安な気持ち

消費者金融と聞くと、良いイメージを抱く人は少ないのではないだろうか。

CMだけを見ると有名芸能人を起用したりして決して悪いイメージを抱くことはなさそうだが、どうも私の中では良いイメージが抱けない。

私自身正直お金があるかないかと聞かれるとほぼないに近いのだが、自分が消費者金融からお金を借りることが想像できなかったりします。

もしどうしてもお金を借りなければいけない場面に遭遇したとしても、家族や友人などに頼んで・・・という方法をとりすぐに返済すると思う。

でも必ずしも借りれるとは限らず・・。

それが出来ず消費者金融からお金を借りてしまう人は、身内がいない、身内や友人はいるが自分のプライドが許さない、などそういった人なんだとは思う。

私がイメージしてしまう消費者金融の利用者は、ギャンブルでお金を使いすぎてしまった人や、事業に失敗した人などそういった人だ。

芸能人を起用してイメージアップを図るのも間違いではないと思うが、例えば、どういった人が借りに来ているのかなどもっとさらけ出した方が、私のような消費者金融に対して悪いイメージを抱いている人が減るのではないかと思ったりもするのです。

怪しそうだしブラックだろう

消費者金融について他にも思う事はたくさんあります。悪く言ってしまうとかなーーーーり、ダークでブラックなイメージがあります。

何のためにそれが存在しているのかもわからないです。でも存在してるんだから必要なのかしら?と思うくらいで、私自身は極力お世話には絶対なりたくありません。

学生のころ、某消費者金融で、支払いがされていない利用者への電話のバイトをしていたことがありました。

というと、「取立て?」と必ず言われますが、私がやっていたのはあくまで「支払いの案内」で、交渉などは一切やっていませんでした。というか、そんな権限がありませんでした。

支払いができないという方は、必ず社員に代わるのですが、みなさんけっこうきつい言い方をしていました。
当たり前ですが弁が立つので、女性なんかは私生活では大丈夫なんだろうかといらない心配していました。
ちなみに、けっこう「自己破産しました」と言ってくる方も多かったですが、ほぼ100パーセント、すっきりした声でした。
本当に、開放されたー!という感じなんですよね。

自己破産せずに、「払えないので・・・」という悲痛な声を聞いて社員に代わると、社員さんががんがん言っているのを横で聞いてる自分としては、いろいろな気持ちになりました。

家族に内緒で、という方が支払いが滞ると、家族が不信感を持ってこちらに聞いてくるのですが、私からは当然、話せないので、対応に苦慮しました。

いろいろあってこのバイトは半年しないでやめたし、その後この消費者金融自体もう存在しないのですが、本当に消費者金融なんて安易に利用するものじゃないな・・・とその時、思いました。

なので、もう消費者金融でも働きたいとも思いません。
裏で何が繋がっているのかわからないし、事件とかあっても困るなぁと・・

とにかく怖すぎます。だから無人の機械がはやってるのかな?なんて思います。

消費者金融とはなんなのか?かなりの高利貸しなイメージしかないです。
考えれば結構昔から法外な金貸はありましたよね。江戸時代とか。それなのかな?そこから現代では消費者金融という名称になったのかな?

正直なところ、法律上は大丈夫なのでしょうか?バイトしていて思ったのですが法律スレスレのイメージがあります。

消費者金融って銀行と提携?しているのかわからないけどそれにはどんなメリットがあったのかもよく知りません。

ただ、どの銀行も繋がってるところがたくさんあるのでなんらかしらのメリットがあったのかな?とはおもいますが。

消費者金融はサラ金から脱却できたのか

今ではサラ金というよりも消費者金融という名称が一般的になっていますが、私たちの世代以上ではまだまだサラ金という名称もしっくりとするそうです。

サラ金はサラリーマン金融の略称ですが、高利貸しと同じようなイメージが強く残っています。

頭ではサラ金も法律の範囲内で営業している金融業者の一つに過ぎないと分かっているのですが、では現在の消費者金融がサラ金のあまりよくないイメージから脱却しているかという言えば100%そうだとは言い切れないところも少なくありません。

それに、法律の枠外で活動している闇金とサラ金はまだまだイメージがダブっている人も少なくないようです。
法律の中と外ではまるで違っているのですが、イメージだけはどうしようもありません。

こうなれば消費者金融自体がどうあがいてもイメージを払しょくされることはありませんから、時間が経って記憶が薄れているということを待つしかないといえるかもしれません。

消費者金融には少し気の毒に感じるところもありますが・・・。

消費者金融から借り入れした失敗談。

最近知った話なのですが、私の友人の弟が消費者金融に借り入れをしたらしいのです。
でも借りるキッカケはほんの小さな事からでした。
少ない生活費の中でやり繰りしていた中、どうしても欲しいパソコンがあったのです。

学生時代に親に買ってもらったパソコンではどうしても3Dの最新ゲームは出来ず、我慢出来ずに消費者金融でお金を借り入れしたそうなのです。

そのパソコンはグラフィックボード搭載の15万円以上するものです。

ネットで色々と調べてみるとアコムがHPも垢抜けていて、明るく雰囲気も良いなと思いました。

その後の審査は本当にあっさり終わって、簡単なプロフィールやローンや家賃などのお金回りを聞かれて、仕事先に連絡を入れ本当にその会社に在籍しているのか?という確認だけで審査は終わってしまいました…。

こうして何と申し込みから数時間後には15万円を握り締めて電気屋さんへ直行していたのです。

友人の弟ように心の弱い人間は、融資額を入力するとお金が出てくる感覚に麻痺をしてしまいその後も借金を繰り返してしまうこともあります・・・。

その後の結果として
知らずしらずのうちに使い込んでしまったようです。

複数の消費者金融から、150万ほど借金をしていることが判明しました。

同居している母親が、アコムから弟宛の電話があり、本人以外では内容は伝えられないという内容で、弟の部屋に、督促状のはがきが捨ててあったというのです。

母と友人が、借金のことを問い詰めても、本当のことを言わず、埒があかないと思いました。

ただ、消費者金融は、金利が高いので、時間がたてばたつほど、利息を払わなければならない。弟を説得して、よくテレビで宣伝している債務整理の法律事務所に無料相談をしてもらいました。

そこで、ヒヤリングとして、複数の消費者金融と地方銀行からも借金をしていることが判明しました。(弟も観念したようです。)

そこで、依頼しようかと思ったのですが、借りた期間が短かったので、自分たちで借金を返すことになったそうなのです。

弟は、地方銀行のローンでも借りていたのですが、驚いたことは、地方銀行でも、金利と審査の難しさによって、銀行がしているローンと、銀行の名前こそ付いているけれと、プロミスやアコムなど、じつは消費者金融のローンということがあるのです。

もちろん、審査が簡単で金利の高いのが、消費者金融のローンです。

消費者金融の担当者と電話するのは、借金をしたことのない友人にとって、とても勇気がいることだったと思います。

さまざまなところから借り入れしていましたが、一番借入額の多かったプロミスにまず電話しました。兄弟の私でも、丁寧に対応していただき、また弟が、プロミスから2度と借り入れができないように、処理をしてくれました。

ほかの消費者金融は弟本人でないと、電話対応できないのと、借り入れを止める独自の処理はなかったみたいなのです。

本当に何度も言いますが、皆さんは注意して計画的に利用してください。

学生が消費者金融を利用することについて

ところで私が学生の時にはバイトをしていたので親からいくらお小遣いをもらっていたかなんて忘れてしまいましたが、今は学生でもお金を借りられる消費者金融があるんですよね。

主婦でも大丈夫というところもあるのですが。(もちろん審査に通る必要がありますが・・)

学生が借りるのはたぶん、友達との旅行で今しかできない思い出を作るとかでしょうか。

時間はあるけどお金がないという時期ですもんね。
親の脛をかじれるならいいですが、そうではない場合自力でお金をねん出しなければいけません。

バイト代でもまかなえないとなれば借りられるのはとても便利だと思いますが、一度そのおいしさを知ってしまったらなんだかそこから出られないような気もします。ね。

学生なのに・・・。

若いうちからお金は他人から借りられるもんだと認識してしまったら、社会人になってお金がたくさん入ってきてもまた借りて大丈夫と思ってしまいそう。

返せるなら良いのですが、思わぬ出費、例えば事故に遭ったり病気になったりがあると本当に心配になります・・・。

私的に思う楽天カードマン

以前、CMでもガンガン流れている「楽天カードマン」で有名な楽天カードを私もココぞとばかりに作りました。

最初のきっかけは、元々楽天会員だったので楽天市場を頻繁に利用していたわけですが、WEBサイト上で広告をよく見ていました。

普段から「新規作成で4000ポイントプレゼント」というキャッチコピーが書いてあったのですが、何かのキャンペーンで条件を満たすと合計8000ポイントプレゼントというのをやっていて、今しかない!と思い新規で申し込みをしてしまいました(笑)

楽天会員を持っていたので、手続きは非常に簡単で、本人確認や収入証明書の提出が不要だったのがとても楽でした。

楽天での買い物の実績があったからか、最初から限度額の上限は50万円で、キャッシングはそのうち10万円でした。

買い物をするとポイントが付き、キャッシングしたいときはコンビニのATMですぐに引き落とせたのでとても重宝しています。

それでも・・キャッシングの使いすぎにはじゅうぶん気をつけていきたいところです。